2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

耳コピ実習

2012年3月27日 (火)

とうとう耳コピ@千のナイフ

From1000knives


仕事の合間にですが、千のナイフ (坂本龍一作曲、YMOで有名な曲) の、中間の不可思議な箇所の耳コピ。
以前からやろうって思っていたのですが、今日とうとうやったぁ~という感じです。
メロディはまあなんとか……… しかし半音の区別が実につきにくい。
改めて、私は半音音痴であることに気づかされました。
ベースの「・だかだか………」 の音の高さがまた実に聴き取りにくかった。
伴奏の白玉コードに関しては、お手上げ×。
そこで、4年くらい前に買ってあったスコア本を「正解!」だと期待して、とうとう開いて見てみたのですが………どうも疑わしいというか。
恐らく本を作るために耳コピしたスタッフさえも、あまり正確な音をわかっていないのかもしれません。
で結局、先日発見したYouTubeの動画↓ の、手の動きを見てそれで採譜しました。


↑すごいですよね。

その後コードネームを振ろうと思ったのですが………これがまた複雑で一筋縄にはいかない。
さらには出来る限りコード進行に何か法則性を見つけよう、などと思っていろいろ分析してみたのですが………
これが、実に複雑。不規則な箇所が多いんですね。
しかし、こういったところに坂本龍一氏の天才が顕れているというか………。


小学校3年から聴いていますが………未だに素晴らしい曲だと思っています。


P.S.
素晴らしい機材や楽器をお持ちの方も多いようですが、それはとても羨ましいのですが、
わたしにとって、いちばん大切なのは音楽です。
音楽さえ素晴らしければ、後のものはお導きいただけるものと信じております。

2012年1月 8日 (日)

早速、耳コピ始めます@平清盛OP

Openingtheme

SoundEngineFree 画面でみた、平清盛OP。
この形状と、平清盛の生涯が重なる (!??)


今、半ば、放心状態ですワタクシ………。
なんか今夜からいきなり耳コピを始めるのは、名曲を汚 (けが) すような気がしてしまって………。
今年は、初めてフルセグでのエアチェック、音質も一段とUPした中での耳コピとなります。
明日もお休み。じっくり聴いて、まずは変拍子を解析してみなければ。

眠れぬ明け方、明けの明星の歌詞が浮かぶ……@AHC II

ここ3日くらい、よく眠れない時があるのです。
すると、 「アトムハーツクラブ組曲第2番」 (吉松隆作曲)  一曲目 の冒頭箇所が頭の中をぐるぐるぐるぐる、繰り返すのです。
で、網膜には必ず、現代創作バレエの舞台が……… 古代ギリシャの女性のような白いシンプルなワンピース姿の女性が数人、舞台に入場してくる。背を伸ばし、ゆっくりと歩を進めながら………。
すると「歌詞がほしい」と、弦ピチカートのメロディが私に声掛けてくる。
それでしばらく考えていたら、「明けの明星」の幻想的な歌詞が思い浮かぶ。まさに明け方だった。


東の空に輝く明けの明星は………太陽が昇るにつれてやがて消えていく。


そう、ブログレの歌詞だって、ほとんどファンタジーで、意味やメッセージなんてなにもなかったりする。あんな感じ。
ただ幻想的で美しいイメージは伝わるかと思います。


あくまでも個人的ノートとして………こんな感じです。

Akenomyojyoha20120108

囁くように (弦の素早いピチカートのように) 歌うといい感じです。

2012年1月 7日 (土)

3拍子のアリアみたいな「あそびを~」オケVer.

1月3日朝放送・大河ドラマ「平清盛」とっておき紀行 (NHK総合)
今夜初めて録画したものを観ましたが、思った以上に、既に素晴らしい劇中音楽を沢山拝聴することができました。

その中で、やはり私がいちばん気になった……というか、すっかりお気に入りとなってしまった「あそびを~せんとや~」の、オケヴァージョン。素敵です。

Asobiooche20120107_2
*一小節目、A音 (11th) がけっこう目立ってあるから、'Em7(9)(11)' の方がよかったかな!?


流石、調性クラシック音楽を窮めた作曲家・吉松隆氏らしく、ハーモニーがなんとも繊細で複雑。*
今夜はとりあえず、メロディ譜です。


* 2008年頃、月刊エレクトーンに連載の「マサさんの音楽講座」で、テンションノート (9th, 13th, 11th など) を学ぶことができました。そしてそれらが、今後わたくしなどが調性音楽を作曲していくにあたって、なくてはならない基本アイテムであることを今後実感していくかと思います。あの時お勉強を勧めてくださった、著者・松田昌先生には心から感謝しております。


(finale!)
先日、AKAI LPK25 (MIDIキーボード) での高速ステップモードで、なぜか最初に数字が表示され、そのままMIDIキーボードを叩くと、数字の音符 (5 だったら四分音符みたいな) がどんどん入力できました。これは、どうすればこういう入力モードになるのだか、まだよくわかりません。
今日は最初からそのようにはならず、普通に、MIDIキーボードで音の高さを指示した上で、テンキーで音符を指定する方法で、スムーズに入力できました♪。
まだまだ、本当に、ふな~れなビギナーユーザーです。

2012年1月 5日 (木)

吹奏楽と管楽器をお勉強

「平清盛」オープニングテーマを吹奏楽アレンジします、と決心したからには、どういう編成にいたしましょうか………。


とりあえず、ミュージックエイトヤマハ「ぷりんと楽譜」 、あたりのサイトで、ちょこっとヒントがいただけました。


管楽器のことは、おなじみ ヤマハの「楽器解体全書」 なるサイトがわかりやすいですね。


東京佼成ウインドオーケストラ・プレイヤーズサイトの奏者によるQ&Aも、生の声が読めて面白い。


今回、私が吹奏楽のアレンジを試みるのは、その真の目的とは、私が未だよく知らない、管楽器のことを一つ一つ、よく学ぶことが目的です。
それでもって、音楽的な効果よりも、中高生に無理なく演奏ができること、全員が楽しく演奏できるか。


依頼さえあれば、できることはなんでもやりたいです。
しかし、私自身のライフワークとしては……やはり吹奏楽よりも、管弦楽とシンセサイザー (とオルガン) ですね。

2012年1月 4日 (水)

「あそびを~せんとや~」 finale のウォーミングアップ

あそびを~ せんとや~ うまれけむ……

先日購入した MIDIコントローラ (25鍵ミニキーボード) をちょっと使ってみました。

Asobio20120104


これから、大河ドラマ「平清盛」オープニングテーマの耳コピ (採譜) 、吹奏楽アレンジを進めていくにあたって、

作曲者名 :吉松隆 もしくは Takashi Yoshimatsu
著作権表示: (C) 2011 by Japan Broadcast Publishing Co., Ltd. *
採譜者・編曲者:村山智美 もしくは Tomomi Murayama

些細な楽譜 (finale画面 or 手書き譜) であっても、ブログ上に表示する場合、この3つは必ず表記することといたします。

*「龍馬伝」のオープニングテーマ曲の著作権表示に倣いました。違っている場合はその時点から正しいもので表記いたします。


高速ステップ入力のモードで、まずテンキーで数字を押下、「5」と表示されれば、MIDIキーボードを一発叩くとその音で四分音譜が入力できました。
(Windows ですみませんね……汗;)

うーーーん、ちょっと未だ不慣れ……。


しっかし……

「あそびを~ せんとや~」 これでフーガが書けそう (そうきましたか……。)

と、思ったのは、私だけ!??


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

予定しているとおり、1月8日、初回放送終了と同時に「平清盛」オープニングテーマの耳コピ作業を始めます。


理想としては、もう夜通しでできるところまで……などとも考えましたが、カラダはこわしたくありません(笑)
翌日が仕事が休みだと思いますから、ちょっと集中してやってみます。
耳コピは、続けているうちに段々と聴こえてくる音が増えてきますから、一気にやっても意味がないのです。
あまり世の中に大勢いる耳コピマニアたちと争うことなどは考えずに、マイペースでいきます。急がば回れ。


まず、私の耳コピスキルでは、オーケストラの全ての音を正確に……など、できるはずがありません。
ですから、最初から、ハーモニーは自分なりにアレンジしちゃう、くらいの気持ちでおります。
まあ、実はなぜ「吹奏楽アレンジ」なのか……管弦楽そのままコピーですと、間違いが目立ってしまいますからね
(^-^;
テーマ曲によっては、吹奏楽向きではないものだってあります。「北条時宗」OPなどはちょっと難しい………。
しかし「平清盛」は、これは吹奏楽向きだ! とすぐに思いました。
今年の夏以降、全国の学校の吹奏楽部のこども達が演奏する様子が目に浮かびます。


ともあれ、未熟であっても、龍馬伝の時、耳コピだけで吹奏楽のスコアを完成することができたことは大きな喜びでした。
今回も、音というよりか、スコアという形で、吉松さんの苦心のお仕事を浮き出させてみたいのです。
もし、実際の学校の吹奏楽部等から楽譜提供のご依頼があった際は、正式な著作権法に基づく手続きをさせていただきます。

2011年12月 3日 (土)

とりあえず、手を叩いてみる@平清盛OP

まずは、8分音符の拍を明らかにすることから。
(先日は185前後/四分音符 としたのですが、185前後/八分音符 とした方がよいかもしれません!?)


8分音符を刻んでみる。
音はあまり立てない方がよいかもしれないけど。
……机を軽く叩く、でもいいかな。


つまりは、自分のカラダで変拍子に惑わされず正確なパルス (Beat ではなく) を刻んでみる。


その上で、主旋律の強拍と音の長さ (つまりは主旋律の正確なメロディ) を明らかにする。


最終的には8分のx 拍子ではどうしても収まらず、ところどころ16分のx拍子!?  ということになるかもしれません。
16分のx このことを気づかない限り、いつまで経ってもこの曲の変拍子攻略は出来ないかもしれません。
……16分のx拍子でなければならない箇所があるか否かは、今の時点で私たちにはまだわかりませんが、とりあえずそれがあるかもしれない、という前提でおりましょう。


正確なパルスと書いたのですが、
テンポはコンピュータではありませんから微妙に 1/f していることを皆さん忘れないように。


以上、予告編の音楽を何回も聴いて気づいたことでした。


あと、今年のOPは2分30秒とのことです。昨年までより15秒短くなっているということですね。


検索でお越しいただいた耳コピファンの皆さん、
平清盛オープニングテーマ攻略のカギ:変拍子・複拍子・可変拍子・変則拍子・Multiple time signatures をみんなで攻略しましょう!!*
私は1月8日の放送終了と同時に耳コピ作業を開始します。
今年は昨年までとは違って、まず全ての音を出来る限り正確に採譜します。
そして吹奏楽アレンジスコアを作成する、が目標です。
o(*゚▽゚)ノ


*「拍子が頻繁に変化する」拍子をなんと呼ぶのか……いろいろな呼称が書いてあって迷ってしまったのですが、
ここでとりあえず決めましょう。今後は「変拍子」という呼称で等ブログでは統一いたします。

2011年11月27日 (日)

耳コピ始動セレモニー@平清盛

恥ずかしながら&僭越ながら。

Myfirstkiyomori20111127_4

MM=185前後
Key: EmDorian (& EmPhrygian)
A=442Hzで確認


とりあえず、雰囲気だけは読み取りました。
よしまっちゃん名物!? ○○○○ or △△△△ スピリット!??
予想していたとおりというか、それ以上だったというか………。
といっても、これは、ほんの一部ですから………。


PR動画の音楽 (後半) は、編集されているようで、まだまだ全体の流れはわかりません。
あくまでも今日の耳コピは「これから私は本気で耳コピをさせていただきます」と音楽の神さまに意宣 (いの) るセレモニーということで4小節だけ行いました。
本番は1月8日の初回放送終了直後から始まります。


全ての音を正確に採る能力なんて私にはありません。
ですから「アレンジ」というカタチでうまくごまかす (*^-^*;)


あまり「大好きなヨシマツさんの音楽♪」という気持ちではなくて、
一つの大河ドラマオープニングテーマとして、一つの音楽として、クールに耳コピに臨ませていただきます。
過去の実績として、耳コピがきっかけで大きな出会いやご縁が沢山ございました。
ですから今回 (来年) もやります。


音を採った4小節以外は、まだまだ、わけがわかりません!!。

ちなみに、「龍馬伝」の時は、予告編ではヴォーカルなしヴァージョンがOnAirされました。
そんなふうに、正式なOPとはちょっと違うことがあってもまだ文句はいえないのが予告編です。
ドラマのセリフがうるさいからまだまだ音は採れません。
1月8日の夜が楽しみです。

初・音楽OnAir観ました@平清盛

めっちやめっちゃ複拍子!!!!!


わけがわかりません!!。


例年通り!? 主旋律とコードネームの一段譜採譜でもって、
ひとつの自らのセレモニーとしたいと思っておりましたが、


その音楽は、大体予想していた展開だったとはいえ、


主旋律がどれなのだか、わけがわかりません!!!。
(。>0<。)


曲としては、聴けた箇所だけで判断すれば、
ものすごく吹奏楽向けかもしれませんが、


こんなんで音、採れるのかなあ………。


だけど、この曲を耳コピして、吹奏楽やエレクトーンやピアノなどの楽譜に間違いなく出版されるわけで、
そのための耳コピ&アレンジを、今年の初めに仕事としてされる方が全国にたくさんおられるわけで、
皆さんのご苦労がしのばれます。


龍馬伝OPが難解だと思っていたら、今回はその上手 (うわて) でした。


………以上、これらが私の「平清盛・予告編音楽」の第一印象です。


とにかく複拍子が憎い×××&カッコイイよぉ~~~!!!


………今、もの凄く興奮しちゃっています。


本放送一回目の来年1月8日を楽しみにしています。


P.S.
一応、
過去の、「天地人」「龍馬伝」「江」の最初のPR映像の音楽は、
オープニングテーマ曲の一部が使用されてましたので、
今回の音楽も (タルカス除いて) 、OPだと信じています。