2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2013年11月21日 (木)

ブログお休みします。

突然でスミマセン、ブログを当面、お休みいたします。
新曲をYouTubeにupした際のみ、こちらでお知らせいたします。
しかし解説を書いている暇があるかどうか、ですが。
仕事の合間で大変ですが、まずはYouTube composerからスタートです。
ご連絡等は、コメント欄へお願いいたします。
村山


2013年10月19日 (土)

音を楽しむ〜英語ネイティヴの発音習得目指して。

iKnow! で、英語の勉強を続けております。しかも全くの無料で♪ (笑)。
以前からネイティヴの発音を目指しております。
大人の会話を日々黙って聞き続けつつ、まずは1word単語から口に出す〜〜 1歳8か月の甥っ子を見て、語学勉強法のヒントにしています。
既にこの世にはない、'Language Channel ' の、'2 seconde II' 小林克也氏の講座を、LC終了前に全部聞いたのが、私の人生を変えてくれました!?。日本人はNとMが弱いだとか、飲み込まれてしまう音だとか、恐らく他の誰もどこも言っていないであろう、ネイティヴ英語の発音テクニックの極意を学べました。'come on' は、「かむおんぬ」なのです。
とにかく、聞いて、真似して、また聞いて真似して… 英語の発音そのものを楽しむことを毎日続けております。
中1の頃は、'very' さえもうまく発音できなかったのです。
'a lot of' は「あろっとおぶ」なんて発音しても先生は何も注意して下さらなかった。
それだけ、外国語の発音の精確な習得は難しい。しかしそれを小林克也氏はやってのけたし、私も目指している。


不可能を可能にすること。
あと私には、視力をこどもの頃の、未だ外で遊んでいた頃のレベルに回復する、という夢があります。
それとベジタリアン (少量の卵乳あり禁酒禁煙型、+雑穀) になるのが夢です。


2013年10月17日 (木)

未来の夢が「お荷物」〜 中学生だった私へのメッセージ。

更新できなくですみません。書きたいことはいろいろあるのですが。
ふと気になって、EXPO'85ポストカプセル郵便についてのエピソードを検索して読んでみました。
ポストカプセル郵便については、細かいことはどうぞ、検索してみてください。当時13歳、届く16年後は29歳、怖くてそんな手紙出せなかった。
それでも、自宅保管する予定で書いた自分宛の手紙の内容を、心の中にはずっと留めてありました。手紙は!? 書いた直後に捨ててしまいました。
当時、私が普通の女性ではないことを理解できない母に翻弄されて、人には言えない恐怖や妄想を日々背負って生きておりました。もし16年前の母が私宛に手紙を書いていたとしたら、「結婚!? んなものしているわけねえじゃねえか馬鹿野郎!」と手紙を破って捨てたところですが、13歳の自分に2001年の始め、心の中で返事を送りました。「変わんねえよ、あんたもあたしも、16年経とうと何も変わんねえよ。」更に12年が経過。既に子供を産むということが難しい年齢になりそのことをむしろ嬉しく思う今日この頃である。ハッキリとこれだけはいえる。私は結婚の仕方を知らない。それはいい、そんなことよりも、未来の自分よりも、私は過去の自分に手紙を書いて警告したい。普違と違って大いに結構。だけどあなたが通った学校の校訓を常に服ようしなさい。明敏謙譲というやつ。これさえ守っていればいじめられることはないと41歳の私は確信して伝えよう。そしてあれこれ興味持って首突っ込むのではなく今できる音楽をひたすら究めなさい。貯金をしなさい。大人の言うことを信じてはいけない。信じるものはすべて自分で探し自分のその手でつかみなさい。…って、これは某作曲家先生の受け売りだけど。


そしてね、夢を持つことはいいことだけど、今の私にはお荷物になってしまっているのです。「シンセサイザー奏者」になりたい、というやつ。
時代も変わって音楽も変わってしまった。私の音楽の経験値も上がり、その結果今は、シンセサイザーでも「生体シンセサイザー」オーケストラの素晴らしさを究めたいと日々精進し続けているのが現実です。電子シンセサイザーは必要になったらおいおい、でいいと思う。
なのだけど、シンセサイザーで作曲され使用されたイベント音楽をふと耳にすると、未だに強い憧れを感じてしまうのです。しかし現実にはそれに心はこだわっておきながらずっと行動が伴わなかったのです。やりたい、と、やる、は別。更に幼少の頃の鼓笛隊への憧れも、実際に吹奏楽部に入って、やるチャンスは十分にあったにも拘らずやらなかった。今思うと、その代わりに顧問が作曲家の弦楽合奏の部に入って弦楽器に触れることができた。私にとってはこれはむしろこの選択でよかったと信じています。
ヴァンゲリスも冨田も、未だに素晴らしいと思う。しかしそれらと、天から与えられた私が作るべき音楽は全く別であることが最近分かってきました。とにかく過去の夢は今の自分にとってお荷物になってしまっているということです。思いは、重いだけ。
オーケストレーションには、生体シンセサイザー故の、ヒューマン的要素の利用テクニックというやつがあって、わざと出しにくい音、弾きにくい音形を五線に書く。「春の祭典」の冒頭のファゴット、と書けば分りやすいかな!? そのことでそこにテンションが発生し、そのようなものを表現したい時に効果的であること。「平清盛」放送用テーマ曲のN響の演奏の緊迫感は、計算されていたのかされていなかったのか、あれこそ生体シンセサイザーの性質をうまく利用した好例ですね。かつて鉄道趣味をしていた頃、鉄道における人間工学、産業心理学の類に惹かれて随分と勉強した経験があるのですが、まさかそれらが、オーケストレーションに役に立つとは…。


結論としては、夢に強くこだわるよりも、その過程こそ大切に日々精進しなさい。中学生のあなたへのメッセージで41歳の私がいちばん言いたいことはこれに尽きます。それと、あなたが心底惹かれた、海底二万マイルのネモ船長だとか、かもめのジョナサンだとか、世捨て人。それこそあなたの生きるべき生き方だってことです。家族の繁栄に関しては全て兄家族に任せて、あなたはひたすら、自分の天命に生きなさい。

2013年9月21日 (土)

MacとMac and Apple (pie)♪

Mac_macs_and_apple


(翌朝追記♪) 無心で撮ったこちらがいちばん美味しそうですね。
Macmac1


2013年9月19日 (木)

とりあえず様子見です@iOS7/「大卒」ってなに!?

iPhone5は、朝7時台に、設定→一般→ソフトウェア・アップデート で、iOS7へのアップデートが可能になっていることを確認しました。
iPad第3世代は、アップデート画面が出てこないので、一旦電源オフして再起動してみたら、上記の方法でアップデート画面が出てきました。
ですが、新しいコンピュータプログラムは、バグ、不具合が必ずあるわけでして、今のところは、アップデートせずに、様子見することにします。
未だiOS6とのお付き合いが、7か月弱に過ぎないので、今までのアイコンと、こんなにも早くお別れ、というのも寂しいですし (!?)。


iPhone5sは、とてもいいとは思いますが、私が、iPhoneで何をしたいか、と照合してみれば、今のところ、iPhone5を大切に使っていくつもりです。iPadも第3世代16GBモデルで全く問題なしです。


高校一年の頃、ヤマハ音楽教室へ移籍して、最新の90万円のエレクトーンを手に入れさえすれば、最新の楽譜を買ってチャートに書いてある通りにレジストレーションデータを入力し、楽譜通りに弾けて… ヤマハと月刊エレクトーンが指し示す通りにすることさえできれば、楽しくて、何もかもがスムーズで、グレードも取って、講師になれてコンクールにエントリーしてそしてシンセサイザー奏者に…… などと夢見たのですが、父が、当時持っていた、ある程度のお金を私に出し渋ったことで、全ては幻想となってしまいました。
今になって、そんな父を、神のように尊敬せざるを得ません。
なぜ私が、最初の音楽教室の院長先生に、絶望的なことを告げられてしまったのか。その面接に同行することを促されていた父が面接に行くことを拒否したのです (母は同行してくれました)。
「いろいろ言われるのがイヤで行かなかったんだ」と直後に告白していた父は、わかっていたのだと思います。
その後、コンクールに入賞したければ、200万円のプロフェッショナルモデルでなければ、たとえ才能があってもコンクールには絶対に入賞できないことが判明。そんなお金はない。音楽教室さえも高くて置いていない。
別に「収入のため」以外にエレクトーン講師になりたい理由など微塵もなかった私は、結局、中途半端なモデルのエレクトーンを部屋に残して、ヤマハ音楽教室をわずか7か月後に去りました。父は未だに神だと思っています。中途半端なモデル。まさに私の鏡像でした。


と、過去のことはいいです。大切なことは「私は何がしたいのか」を行動の基準にすること。このことの大切さをこの1年痛感しております。メーカーの思う壷にハマっては、それを手に入れたら次はこれ、ということになります。私は後で偶然に知りました。「100人に1人でも◯◯になれれば嘘ではない」。
iOS7も、私が入れよう、と決断できた時に入れることにします。


脱!中途半端人間。今からでも遅くはないです。今幾つでも今日がいちばん若いのですから。


大学生でiPhone5s購入のためにAppleの公式発表前から並んでいる方とかいらっしゃいますが、すごいですよね。その情熱が素晴らしいんです。
ただ、ふと思いました。私は大学へは残念ながら行けませんでした。ですからよくは知りませんが、大学生ってそれ程勉強しなくてもいいのかな、と。
私の両親が二人とも片親の末っ子だったため、つまり私の二代前の男性 (両方りょうかた の祖父)が諸般の理由によって早く亡くなってしまったことが理由で、二代後の私は経済的理由により大学へは行けなかった、というのは、同情を得るための大義名分に過ぎないと思っています。
本音言えば、大学で学びたいことは今のところありません。それが音楽大学であれ一般大学であれ。
15歳の時、私を谷底に突き落とした、その音楽教室の院長先生の本音言葉「遊ぶために大学へ行く」は、未だに頭から離れません。否私なら、一生懸命学問するでしょう。しかし前述のように、学びたいことがありません。或いは研究したいこと=知りたいこと、といえば、それは沢山あるのですが、今の大学・アカデミー・権威の存在そのものを否定しかねない内容ばかりです。逆にいえば、そのくらいの内容でなければ、私は面白くない。そして権威を脅かしかねないことした人たちが結果、世界を変えている事実。スティーヴ・ジョブズ貴方は素晴らしい。吉松隆貴方も素晴らしい (← むしろ大学を中退されたことよりも、大学へ入るための勉強を理系科目に至るまできちんとお勉強されたことに一目置いています。とても羨ましいです。私も数学だけは近い将来本気で勉強します。)


ただ就職のための肩書きを得さえすれば、とにかく「大卒者」となりさえすればいいのかな。
しかし、「大卒者」と一色譚にされる故に、問題も起こっているのでは、ありませんか!?。
未だに鉄道会社で運転士になるための基準は、大卒はあくまでも現場研修であってやがて事務方に、高卒が専門職運転士になれるようですね。しかし大卒でその人が何を学んできてどういったスキルがあって何に興味があるのか、そこまでちゃんと審査基準にしているのかな!?。未だに「大卒」というレッテルだけで人を判断しているのかな!?。外国人は日本の大学生の勉強のしなさを不思議に思うらしいです。それと大学というところがピンからキリまであって、大昔みたいな大卒=学者、とは限らない、むしろ単なる高校の延長ともいえるわけです。4年間で何をどれだけ修得したか、は企業はちゃんと考慮しているのかな。その人が何をやりたいのか、は!?。「価値観の多様化」も忘れてはいけません。
何故、鉄道が大好きで運転士になった大卒社員を「大卒だから」という理由で乗務を降ろして本社勤務にさせるのか!?。
私は未だに、JR貨物の二番目の女性運転士になられた、学習院大学文学部史学科卒の伊藤さんが程なく本社に行かされたことが、全く理解できません。好きなこと、やらせてあげればいいんじゃないですか!?。それとも彼女になにか問題があったのでしょうか!?。


大卒ってなに!? ただの一色譚のレッテルであるなら私はそんなものいらない。新型iPhoneを手に入れるために待つのはいいけど、私が大学生だったらその膨大な時間に勉強します。私の両方の祖父が早く死んでしまったことはある意味私にとって幸いだったのかもしれません。私は高卒だから大卒の皆さんより脳内の知識と経験値は少ないですが、だから決めています。私は死ぬまで勉強し続けると。


それと私はお酒を飲みません。理由はそれが私にとって自然だから。アルコールをやらない人にとって大学って居づらい場所だと思います。


P.S.

イヤになって愚痴ばかりつぶやき出したら、そこから離れて本当に必要な世界へシフトした方がいいかなと、最近よく思います。

絶対に勝てない、女は男に絶対に勝てない、高卒は大卒に絶対に勝てない、のであれば、「勝つ、勝る」にはこだわらず、全敗でいい、その代わり死ぬまで努力し続けることにこだわることにします。負けるが、勝ち (価値)。

エレクトーンでも大学でもなんでも、金さえあれば、ということはいえます。何歳になろうと、むしろ歳行ってからお金が貯まって、お金の力で今までできなかったことはできるかと思います。但し私がそれを心からやりたければ。実際40代初めにピアニストデビューされた方だっていらっしゃいますし。しかし正直、お金があっても、今からプロフェッショナルモデルを購入してコンクール入賞目指す気は、もうありません。だって電子オルガンでは表現に限界がありますし。むしろMac作曲システムの構築は、それと比べるとなんて安上がりでしょう。仮に今大金 (おおがね) があったとしたら、エレクトーンではなくグランドピアノがほしいな。


2013年5月26日 (日)

finaleは、とりあえず2010で。

Macが届いたら、とにかくfinaleが使いたいのですが、とりあえずfinale2010を入れて、Mac用のキー操作を覚えないといけません。
最新のfinaleは欲しいのですが、時期的・時間的にみて、もうそろそろ、次のヴァージョンは出ないのでしょうか!??。できればそのときに新しくすることとします。
どのみち当面は最新ヴァージョンどころではなく、My First Macでfinaleが果たして使えるかどうか、操作が覚えられるかどうか、まずはそこからです。

2013年5月15日 (水)

本日のまーくん

Makoto20130515_2_2

iPhoneで撮っています。すっかりまーくん成長記録係です♪。


Makoto20130515_1_2

1歳3か月です。未だ聞いても意味はわかりませんが、日本語になる一歩手前の段階の「言葉」をしゃべっています。
よく聞くと「くつ」(身の回りのものの名詞)「これ」「あれ」(代名詞) を話しているのがわかります。まずは目の前のものの名詞一語から、みたいです。
人間がどうやって言葉を覚えるのか、それが知りたい智美叔母ちゃんは、こんなかんじでまーくんをじっと観察していこうと思います。
その他、観察したいこと、まーくんを通して知りたいことは沢山あります。「人間という存在の意義にまで迫ろう」 みたいな (^_^;)
自分が親ではない故によく見えるものがあるというわけです。


まーくんは、村山 誠 (まこと) 2012年2月8日生まれの、私の甥っこ (兄の子供) です。
癒されますね。

2013年5月10日 (金)

インフルエンザの後、風邪ひいておりましたorz

それと生理が重なり…… 大変でしたが、これで、体の中がスッキリしたかな。


♪ ♪ ♪


私が12歳から実に28年間も思い悩み続けてきた問題がありました。これも、ここでスッキリさせることにします。
私はどう生きたいのか。これに従う、が全ての基本です。目の前に現れた麗しい存在も、自分の「こう生きたい」と照らし合わせて、一致しなければ断るのみです。
私はasexalで、そのことが当初は自分でも何が何だかわけが分からず、家族も親も理解出来ず、学校の他の子たちと考えや関心ごとが違うので苦労してきました。体だけがだんだんと女性の部分ができあがっていく。それも自分の意志とは関係なくです。こんなものいらない、こんなもの切り取ってしまいたい、という思い。最近になって、性同一性障害は珍しくなくなってきましたが、それは昔はそういう人がいなかったのではなく、いたが、世間におおっぴらにできず隠したりしてきただけではないかと思います。そして私が思うには、性同一性障害の人というのは、単に体と心の性別の相違の問題だけではなく、独特の考えや意識の持ち主が多いように見受けられます。だからそれで、社会的には独特の大きな役割をしている人がよくいるように思います。
またいわゆる性同一性障害ではない一見普通の男性・女性で、結婚をしないでいる、しかし婚活も交際もしている様子はない、特にそういったことに関心を示している様子も見受けられない人とかもたまにいますが、理由は大っぴらにしない (できる内容ではなかったりするため) が、実はasexalの一種かもしれません。(異性への嗜好はあっても恋愛、結婚は望めない、ピンとこない、とかで結婚せずにいる、というような人とかもいるようです)。しかし人によりますが、そういう人で、何かもの凄い才能があったりする人が時々見受けられます。
私の母方の親戚にもいました。いわゆる変わり者。一応見合いで結婚はしたのだけど、ほんの数ヶ月で別れて、その後は他の女性と付き合ったりすることもなく、多才で絵を書いたり、自由でユニークな生き方をしたのち、大好きな酒の飲み過ぎで (兄弟? に看取られたらしい) 60歳代で逝ってしまったというおじさんがいたそうです(私の母方の祖父の兄らしい) 。
どんな生き方も、世間一般との照合は意味がない気がします。それは自分の心が望むかどうかです。大伯父さんは幸せだったのだと思います。会ったことはないけど、密かに尊敬しています。(ちなみに父方の従姉妹にも変わり者が2名はいます。私を入れると3名か。)


親、師匠、一見自分にとって絶対的な存在が、ある時発したある言葉が、私を四半世紀以上苦しめてきました。
しかし、親や師匠だって人間だし、私とは違うのです。世の中には、親の反対を押し切って成功した人も少なからずいますが、努力と行動を続けた末、そんな親もようやっとこの子はこれでいい、と認めるのでしょう。
言われることは反発せずよく聞く。しかしそれと、では私はどうするか、は、また別です。
最終的に、決定権は自分自身にあるのです。
未だに思い悩む私を、母は嫌がります。私も、もういい加減にこのわだかまりから解放されたい。自由になりたい。「こんな子だとはわからなかった」そばにいる故に、なかなか気づかない、そして大人になってカミングアウトされた親は、それを認めたくない人もいるようです。私の両親も、私に性同一性障害だとか、のレッテルを貼ることを嫌がっているな、というのはすごく感じます。単なる変わり者、と思っているようです。たまに父が怒ったりすると、「孫を産んで親孝行したいという気持ちはないのか?」とかいうのは、それがこの子にはできない、とわかっている故に言うのだと思います。


私が、ピアニストだったG氏や作曲家Y氏を尊敬してきたのは、私がそうならないといけない (他の人が普通にしていることをやらなくていい代わりに、他の人ができないことを究めて成功し、そのことで世界に大きな影響を与える) 、あなたもそうなりなさい、という天命だと信じています。G氏のような深い感情移入でのピアノ演奏も、Y氏のような桁外れに美しい音楽を書くことも、実は本来人間が普通に持ち備えている能力の幾つかがどういうわけか欠いている故、音楽に、より多くのエネルギーを注ぐことができるのだと思います。恐らく天からのギフトでしょう。(生まれつき目が不自由で生まれた人がミュージシャンとして成功する、片目が見えない天才武将など、何らかの基礎的に本来備わっているはずの能力が存在しないか作動しないことで、他により多くのエネルギーを注ぐことができるようです。)
これでよくわかった、この話はここまで。


2013年4月30日 (火)

スッキリ、リセットした〜!? 素晴らしい5日間でした。

Image

どうやらインフルエンザだったのかと思われますが、大量のビタミンC粉末を野菜ジュースで飲みつつ、のんびりしておりました。先週の木曜日朝起きたら突然発症していたのですが、昨日の夜、ようやっと食事が本調子に戻り、今日からお仕事に戻れます♪。5日間掛かりましたね(^-^;
5日間、ずっと寝ていたわけでもなく、よくやっていたのが、バイクツーリングのYouTube鑑賞でした。未だ原付さえ持っていないにもかかわらず。大型バイクでのツーリング旅というのは夢なのです。北海道ツーリング、いいなあ。以前、市原のS.A@地元の館山自動車道 で出会った、ライダーグループの皆さんが、とても身なりがキチンとしていて礼儀正しかったのが忘れられません。
あと、寝台特急北斗星の、上越線・日本海側路線経由の動画も素晴らしかった。
但し、あまりこれらの動画を見ていると、乗り物酔いの感覚に襲われます。でも楽しかった。早く私も.... 行きたいです。ちょっぴり非日常を過ごした5日間でした。
あとは、自分自身を見つめることができたのがよかった。私は大型一年企画ものNHKスペシャルの音楽担当作曲家になるのが14歳の頃からの大きな夢でした。そのことを、改めて実現させたい、と思いました。ただ思っているだけではただの夢ですが、長年その状態どまりで来ましたが、今では曲がりなりにも作曲とオーケストレーションが少しづつできるようになり、長い間「夢のまた夢」だったのが、「もしかしたら実現できるかもしれない」へとレベルアップしたのだと思いました。それを少しずつレベルアップさせ、近いうちにいよいよプロ仕事を始めたい、そこで実績を積み上げていこう、と思いました。

Image_3

この5日間、iBooksで購入してiPadで読んできた「図解スティーブ・ジョブズ全仕事」かなり読み進みました。ここにも、とてもよいことがたくさん書かれていて触発されました。今がどんな状況であっても、夢をハッキリと描いてひたすら前向きに突き進んで行くことが、成功の基本であることを改めて理解しました。「CGで長編映画を創りたい」夢のまた夢が、やがてコンピュータの技術の発達で、20年かけて夢は実現したこと (トイ・ストーリー) を読んで、私の夢と重なりました。
更にはジョブズがアップルを追い出されたことは、当初は酷いことだったけど、外の世界での経験と実績を積んだこと、それとアップルを客観的に見ることができたことは、結果としてとても良かったのだと思いました。


あと最近、毎日のように、いつになるかしれない、MyFirstMac のシミュレーションをしておりましたが、今回、熱にうなされたためか!? とうとう禁断の!? MacPro + finale 作曲システム@Garritan instruments for finale で3管フルをサクサク鳴らす♪♪ ....... のシミュレーションまでしてしまいました。
結論からすれば、決して焦らないこと。中途半端なモデルは購入しないことにします。まずは20万円程度の予算でiMacをと考えました。その後、本当に作曲のお仕事で食べていけるようになれるのなら、イメージしたように、MacProで高スペックのシステムを構築すればいいのだと思います。@エレクトーン買うより全然安いですよ〜♪。


最初の日は熱が出て、大量のビタミンC粉末と野菜ジュース以外、ほぼ丸一日食事ができませんでした。その後、食欲が出てきたのですが、一度、しばし絶食 (一日弱。諸般の理由でそうせざるを得なかった) したのが、どうも回復を早めてくれたみたいです。 (食べ物の消化吸収のエネルギーをインフルエンザを追い出すのに使えたみたいでした) ココロもカラダもスッキリ、リセットしました〜♪。今日から仕事復帰です。

2013年4月26日 (金)

いきなり体調不良!

昨日はほとんど食事せず、半ば苦しみながら熱を出して寝ておりました。
一日4回に分けて、カムカムという、ビタミンCの粉末を野菜ジュースで大量に飲みました。大体スプーン普通盛り6杯くらい。
日付が今日になって、夜中の2時過ぎにようやく、お腹が空いた、の感覚が戻ってきました。
その後ようやっと熟睡できて、朝目が覚めたら、苦しい感じがなくなっていました。
今日もカムカムを、野菜ジュースで何回かに分けて飲みました。
インフルエンザなのかなあ!??
薬事法にひっかかるので、私の方法は、私がそうした、ということだけで、皆さんにはお勧めしませんが、以前もこの方法で程なく治ってしまったことがありました。


甥のまーくんには、大人が食べた食べかけをあげないようにしている。
虫歯の菌が移らないようにするためだとか。
そのことで、まーくんには生涯、虫歯はできないのだろうか!?? それを長年かけて私は叔母として観察していこうとおもっている。
菌があるから虫歯になる、埃があるから喘息になる、白癬菌がいるから水虫になる、○○菌があるから○○という病気になる、AがあるからBになるって本当だろうか!?

より以前の記事一覧