2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 失敗を活かして慎重に@清盛OP写譜 | トップページ | ストコフスキー編曲の管弦楽版トッカータとフーガ…… »

2013年2月 5日 (火)

自己満足の真骨頂、総仕上げ@清盛OP写譜

写譜、総仕上げです。
「グループ名」をひとつひとつ (バグのため!? 一括変更が不可のため) フォント&サイズを変更、位置を調整。


五線の位置、全てを出版楽譜と同じくするのではなくて、一部、私の目視で調整しました。
というのは、写譜では (出版楽譜と区別するために) 各頁の頭に曲名を入れています。これを入れるために、多少スペース的に要調整のページがあったからです。
その他、出版楽譜を見てそれよりも改善可能であればそうする、といったスタンスで……。


明日、楽譜内のテキストのフォント&サイズを調整して、ひととおり完成となるでしょうか!?。


一昨日発生した、レイアウト総崩れ(^-^; の原因が判明しました。

ページ・レイアウト・ツールで、
Ctrl+A → ページ・レイアウト → 組段 → 五線を個別に移動可能にする にチェックを入れる。

……これは、finale ユーザなら、誰でも普通にやる操作だと思いますが、「五線を個別に…」 を再びクリックしてチェックを外すと、瞬時に今まで調整していたレイアウトが崩れてしまいました。

何を思ったのか、これをやってしまったことが原因でした。


出版楽譜より微妙に小さくしてしまった五線の幅ですが、このため A4 ですとちょっと音符が小さくて見づらい…… それは今から変更できなくもないのですが、もうこれは、変更すれば、五線の位置をまた頭からひとつひとつ調節しないといけません。
今までここまで時間が掛かって……そんなこともうやる気ありませんし時間もありません。
そもそも、この写譜を完成させて何になるか!? 結局のところ私自身の精神的満足が得られればそれでよいのです。
万一、何か活用する、その時修正が必要だ、となった暁に、必要に迫られて、また一つ一つ調整すればよいだけのことです。とはいえ、少なくとも音楽的な問題は全くないはずです …… って、そんなこと、ほぼあり得ないとは思いますが。


今回完成する写譜は、全くのそっくりではございません。ページの頭に曲名を入れたことと、パート名のフォントを自分なりのものにしたのはそのためです。
本当の意味でそっくりさんを作ってしまったら、本物と見分けがつかなくなってしまいますし、「個人使用限り」とはいえ、それではまるで「ニセ札」でも作るようななんかヘンな気持ちです。写譜をした私の個性もありません。ですからパッと見ですぐに写譜だと分かるようにいたしました。


自己満足の真骨頂、間もなくここに極まれり、です♪


P.S.
「音楽全仕事」コンプリートCDですが、今聴いているので恐らく6周目くらいかな!?。
仕事しながらのBGMですのであっという間です♪。

« 失敗を活かして慎重に@清盛OP写譜 | トップページ | ストコフスキー編曲の管弦楽版トッカータとフーガ…… »

finale!」カテゴリの記事

KIYOMORHYTHM2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 失敗を活かして慎重に@清盛OP写譜 | トップページ | ストコフスキー編曲の管弦楽版トッカータとフーガ…… »