2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« とりあえず完成とします@清盛OP写譜 | トップページ | 写譜を終えた感想@清盛OP写譜 »

2013年2月 7日 (木)

A3大にプリントアウト@清盛OP写譜

写譜も完成。これで、購入 pdf 誤削除の汚名を奪還することができました (^-^;

A3scorecopy_2

写譜を上下に分けてA3大にプリントアウト、ファイリングしました。
ここに自由に書き込みます。
今回はJPEG 解像度 300 という、プリントアウトにはちょっと低め解像度ですが、作業・学習目的の楽譜ではこれで問題なしです。
mus データですので、必要に応じて、お好みのグラフィック出力がいつでもできます。
今回、出版楽譜よりも五線を小さくしてしまう、というミスをしてしまいました。ですからA3大に拡大したら、ずっと見やすくなってあーよかった♪。


この後、この楽曲を音楽的に研究したレポートをブログ上にUPしていこうと思います。
あくまでも主観的に、私が気づいたこと、私が気に入っている箇所、私が気になる箇所のレポートとなります。


音楽的アナリーゼ……とはいっても、それをいちばんよく感じたのは写譜中でした。
写譜中は、びみょーーーな箇所がいくつも気になったのです。
完了した今は、もう既に忘れてしまっていたりします。
そこで、これから finale の画面を開いて、いろいろ遊んでみることとします。
プレイバック用ファイルを作成しました。こちらは、ピッコロ、コントラファゴット、グロッケンシュピール、コントラバスを実音に変更してありますので、正しい音が出ます。但し、パーカッション類が、適切な音が出ないものがありますので、あくまでも自分用です。
これで、部分プレイバックをしてみたりして、しばらく遊んでみることにします。

ウィンドウ→楽器リスト
で、プレイバックするパートを選んだり鳴らさないパートを選んだりができます。

あと、
Shift + スペースキーを押しながら五線をクリック で、現在の小節から現在のパートのみ再生
ですとかの部分プレイバック機能も便利です♪。


A3scorecopy_4b_2
よろしくね。

(C) 2011 by NHK Publishing, Inc. & Japan Arts Corporation
copying score by Tomomi Murayama NOT FOR SALE, for private musical study use only

« とりあえず完成とします@清盛OP写譜 | トップページ | 写譜を終えた感想@清盛OP写譜 »

finale!」カテゴリの記事

KIYOMORHYTHM2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とりあえず完成とします@清盛OP写譜 | トップページ | 写譜を終えた感想@清盛OP写譜 »