2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 速報!? できちゃった!@清盛OP | トップページ | メモリ、お疲れ様!3管フルはキツかったみたいだね。 »

2012年12月22日 (土)

平家滅亡前日に完成(笑)@清盛OP

KIYOMORHYTHM2012 第4段 いんちき清盛テーマ曲編曲


大変長らくお待たせいたしました。
どうぞ、お聴きください♪。

↑のプレイヤーで再生されない場合、こちらのリンクからどうぞ。


あーーーー、楽しかった!!!!!


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Kiyomoriop09


楽器編成
3-3-3-2 4-3-3-1 Timpani, Perc, Harp, Celesta, Glockenspiel, Tubular Bells, Piano, Strings
Percussions: BassDrum, Hi-hat, Suspended Cymbal, Cymbals, Windbell, Toms, Tam-Tam


ちなみに原曲は、
3-3-3-3 6-3-3-1 6Parc, Hp, Pf, Strings +こどもの歌
とのことです。


スコアは、30段になりました。


Suspended Cymbal を (エレクトーンの音源で) 加えるのを失念してしまいました……。残念。


今回、コントラファゴットを使用しなかったことと、ホルンを4としたのは、
未だ私自身、勉強していなかった故です。
コントラファゴットと、ホルンを6とした時の、実際の楽曲での有効な使用方法、実例は、今後の課題、ということで、敢えて付け足さずにこれで完成といたしました。

追記♪原曲のホルンは4でしょうか!?。


ハープのグリッサンドの記譜法が未だよくわからず、その辺を勉強しようと思います。


アップテンポの箇所で、左手ピアノを想定した、細かいミニマル的パッセージを挿入いたしました。
これはもちろん、原曲にはございませんが、わたくしが当初から強くイメージしていた音を敢えて付けくわえさせていただきました。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


さて、予定していた通り、既に購入してあります、本物の平清盛テーマ曲スコアの封印を解く時がきました。
これから、finale へのスコアまる写しを行いたいと思います。
私の編曲した、いんちき清盛OP(笑) とは、別の曲だと思って取り掛かってまいります。


とうとう、封印を解きました。


すぐに、「ハープのグリッサンドの記譜は……!!」「チューブラーベルズにキンコンカンコン……ってやらせていたのか、気づかなかった!!」


まあ、謙虚に学ぶこととしましょう。finale 写譜を始めます。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


「清盛OP、耳コピします!」と何度も書いておきながら、とうとう、平家滅亡 (最終回) の前日完成となってしまいました。


本当は、時間がないから、耳コピはせず、いきなり finale 写譜も考えたのですが、結果として、耳コピをやって本当によかったと思っています。
これからも私は、ラクな道と、苦労する道、分岐点に立たされた時、迷うことなく、苦労する道を辿ることとしましょう。
「わたしは、耳コピして、編曲して、オーケストラスコアを書くことができるんだ!」 という自信につながりました。
そしてそれは、本当に! 楽しかったのです。大変で、苦労もして、それだからこその出来上がったときの心からの悦び。これほどまでに楽しいことが、他にあるでしょうか……。
今年は、様々なこと (作曲等) をやってしまったため、本命の!? 清盛OP 耳コピはこんなラストとなってしまいましたが、結果として、清盛のストーリーのイメージを頭に描いて、私なりの編曲ができたことがよかったと思っています。


大河ドラマOPの耳コピは、2009年の天地人でエレクトーン (HS-8) にアレンジ・演奏したのが最初でした。
翌2010年に龍馬伝のOPを小編成吹奏楽にアレンジしましたが、楽器法がまだよくわからず、そのためか、結局ボツになってしまったようでした (申し訳ございませんでした…)。
この時、月刊エレクトーン&イーフロンティアの、finale2010 モニターに応募&当選して finale をタダでいただき、2か月半に渡って finale の基本的な使い方を勉強することができました。吉松センセのブログを知ったのもこれがきっかけだったのです。クラシックの作曲家。最初は私もあまり興味が湧かず (失礼;) あまり気にしていなかったのです。ところがまさかその吉松センセが、わたしにとって究極の夢: 憧れのNHK大河ドラマ音楽担当者に選ばれるとは…… 居ても立ってもいられず、まずは「あそびをせんとや…」 のメロディを採譜することから始まり、センセが作曲されたモティーフを借用して作曲 (このことで、私がフーガや複音楽に傾倒したいことに改めて気づかされた)、耳コピしたり…… とにかく、みんながやらないことを私だけはやりたかった。獅子に鳴きたてる子猫♪ せめてもの自己主張がしたかったのです。


楽しかった平清盛 Year も、あともう僅かです。
総集編が放送されるまでには、OP の finale 写譜を完成させようと思います。

« 速報!? できちゃった!@清盛OP | トップページ | メモリ、お疲れ様!3管フルはキツかったみたいだね。 »

KIYOMORHYTHM2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 速報!? できちゃった!@清盛OP | トップページ | メモリ、お疲れ様!3管フルはキツかったみたいだね。 »